タオルとハンカチの使い分け

タオルとハンカチの使い分け

これからの暑い日の運動後や、仕事中のタオルとハンカチの使い分けについて、タオルと言えば運動後の汗を拭くもので、使用した後の効果はハンカチよりも拭き取り効果があるので、ハンカチを利用するよりも水分を多く拭き取ることが容易です。

ハンカチの利用

タオルの場合は、どうしても畳んだ際に、厚くなってしまい、サイズも大きいものが多いので、ハンカチの方がポケットサイズで、持ち運びに便利です。繰り返し利用しても、洗濯してあげれば元通りになるのも、ハンカチの方が生地が強いです。
日本の一般的な考え方と違い、ハンカチの主な用途は、御手洗いであったり鼻水や耳など、汚物の処理に使用するため、ティッシュを使用する日本では、汚物は使い捨てのもので処理してしまうことが多いため、使い捨てのゴミを少なくすることからも、ハンカチの使用は積極的にするべきです。運動など、目的が最初からわかっていて、身体を動かす場合に使用するときは、タオルを主に使用することが多いですが、常にポケットに携帯しているものということで、ハンカチの使用の方が多いと考えています。

タオルの利点

タオルは、ハンカチよりも特別な使い方、特別感があります。白いタオルであれば、頭や首に巻いて、身体を動かしているときの汗を防ぎ。音楽アーティストなどの有名人やバンドの名前を入れたファンに向けた特別なタオルや、ライブやコンサートで振り回して、一層ライブを盛り上げて、演出する効果を発揮できます。骨折の時は、骨折した部位を固定して、緊急対応にも備えることができます。サイズの種類も豊富で、フェイスタオル、ハンドタオル、ボディタオルなどが主なサイズです。生地も薄いものから、やわらかな優しい感触の厚いものまで、数多く、ハンカチよりもサイズが大きいことが多いです。タオルもハンカチも、贈り物として贈られる高級なものがありますが、ホテルなどの宿泊施設で、特にタオルが重宝されています。

特別な使い方

タオルもハンカチもそれぞれ、いろいろな使い方ができますが、贈り物としてはどちらも多く利用され、特に、ハンカチは特別な日や記念に贈られることが多いです。ホテルなどの宿泊施設を利用したとき、タオルの品質の良さもステータスとして挙げられると考えられます。
使い心地や触り心地の品質は、タオルにこそ求められ、ハンカチはどちらかといえばブランドであったり、プレゼントとしての機能の方が高く、その贈られた方のステータスの一部となり得ます。持ち歩くことが少ないタオルは、機能的なことは当然かもしれません。銭湯や大衆浴場の利用が少なくなった昨今では、タオルを持ち歩くことは、アウトドアやスポーツをしなければ必要ないかもしれません。